加計学園の追及が墓穴を掘る2つの理由。新設が利益供与なら学校法人とはなんぞや、ということ。

加計学園の追及が墓穴を掘る2つの理由。新設が利益供与なら学校法人とはなんぞや、ということ。


 第2の森友学園だ。とマスコミは騒ぎますが、とりわけ反安倍、アンチ自民メディアは欣喜雀躍。その指摘は正しく、視聴者の多くが共有するでしょうが、同時に抱える違和感を端的に指摘しておきます。

 まず、「忖度」の有無が批判と疑惑の中心に置かれますが、そもそも論で忖度があったとして、安倍首相に違法性を見つけることは困難だと言うこと。忖度とは気遣いでもあり、日本社会に限らず、社会を円滑に動かすために不可欠なものです。

 最高権力者の首相だから、との批判に論理性はありません。なぜなら、その忖度によって首相自身になんの見返りもないからです。森友にせよ加計学園にせよ、選挙区ではないので票の見返りは期待できず、金銭利益にしても森友においては「寄付」という持ち出しと籠池泰典氏は主張しており構造が逆。

 つまり、どちらも現時点では「違法性がない」ということで、これは追及の先鋒に立つ、民進党玉木雄一郎氏もフジテレビ『ユアタイム』で認めていることです。

 権勢を振るいたい、俺様の力を見せつけたいのだ。というのなら、あまりにも幼稚な発想ながら、民進党ら野党どもはこの視点に立っているようですが、権力を濫用したのは民主党政権で、歴代の自民党がたびたび批判に晒されたのは、権力行使による利益を得ることで「無償」であり、また形式的にはどちらも「学校設置」という、どちらかといえば国民の教育機会の増大に資するもの。

 ついでにいえば、先の玉木雄一郎氏の御尊父と弟殿は獣医師で、加計学園が設置を目指す同じ四国選出の議員となれば、むしろ「身内の利益」を守るために追及している、という邪推の余地が生まれます。実際、文科省からでたとされる「怪文書」の内容を認めた、元自民党議員も獣医師側に立つ既得権の保持者。

 むろん、いずれも証拠がなく、違法性がない上での批判は、民進党ども、マスゴミレベルに堕ちてしまうので、それが目的ではありませんが、加計学園の追及がもっとも筋悪であり、そしてこれまた国民の多くが、釈然としない理由を指摘して結びます。

「学校って儲かるの」

 上手くやっている学校は儲かるのは事実ながら「学校法人」は、利益を追求する組織ではない、という建前になっています。

 すると「安倍首相のお友達の加計学園への利益供与」と目立てからの批判は「学校は儲かる」ことを前提とし、他の学校法人、すべての大学にまで及ぶということになります。「加計学園は利益ばかりを求めるが、他の大学は違う」との理屈は通りません。

 本来、野党がこれを政局の材料にするなら、「疑惑」に留めたままで「貸し」を作り、別の機会の交渉材料にし、「安倍首相は利益供与をしている(かも)」との国民への印象操作に使うべきが、これで「クビを取る」とは、バターナイフで結党を申し込むようなものです。

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA