マスコミは希望の党に選挙協力する。ネット世論の現状分類

マスコミは希望の党に選挙協力する。ネット世論の現状分類


 小池百合子都知事率いる「希望の党」を巡り、右派も左派も、保守もリベラルも大騒ぎしています。とりわけ面白い現象は、若狭勝氏と細野豪志氏の縄張り争い・・・もとい話し合いを「リセット」を宣言し、自らが代表に立つと宣言してからは右派も左派も右往左往というか、両者共に一斉攻撃をはじめたことです。

 時間が経つにつれ落ち着きを見せますが、保守と左派のそれぞれのなかで、いくつかの派閥が生まれつつあります。

 まず、極左レベルの自称リベラルは、リベラルの希望の党というか最後の砦であった「民進党」を壊したとして小池百合子氏を攻撃するもの、あるいはすべての興味を失ったと燃え尽き症候群に陥るものに別れます。

 もっともこの層は、素直に共産党を応援すればよいものを、上意下達の鉄の組織を嫌ってからか、あるいはイデオロギー的にすでに敗北しているためか、なぜか共産党との連携を隠したがります。しかし、あなたたちに残されているのは社民党か共産党かの二択です。

 我こそはリベラル、または我こそは保守と声高に自称する、ネットスラングで「パヨク」に分類される人々は、当初こそ混乱していましたが、徐々に「希望の党」に希望を見つけ始めています。例えば辻元清美氏のような人士を、希望の党が公認をだせば「ワシは認める」的な。パヨクは常に上から目線です。選ぶのは小池百合子氏だという現状認識ができないようです。

 世界基準でいう「リベラル」は、忸怩たる思いや、小池氏の手口の批判はしても、一定程度の距離と節度を保ちます。なぜなら、小池百合子氏が具体策に言及していないからです。それが手口だとわかっていても、「いっていない」と一言で論破されるのは、言論人にとって虚しいだけだからかもしれません。

 保守はといえばどうか。これも2つに分かれます。

 まず、小池新党「希望の党」を歓迎する声です。ただし、小池氏への期待ではなくこんな感じ。

「よくぞ、民進党を叩きつぶしてくれた!」

 と。さらに事情通はこう踏み込みます。

「日本共産党の息の根も間もなくだ」

 日本共産党は全選挙区に立候補者を立てる建前を持ち、必然的に泡沫候補が量産され、出馬にあたり必要な「供託金」が選挙のたびに大量にボッシュートされ、台所事情が火の車、と見られているからです。

 民進党と共産党が選挙協力することで、立候補しないで済む選挙区が増えれば、ボッシュートも減り、延命できるという共産党の目論見が破壊された、ということです。

 残る保守、右派はといえば、やはり小池氏の無節操な振る舞いに怒り心頭。とりわけ筋道論を大切にする保守層は批判的です。

 私はといえば、小池氏に適切に突っ込みをいれないマスコミと記者に怒りを覚えている派。先日もブログで書いたように、どんな人物、主義主張であっても出馬できるのが我が国の民主主義の良いところ。

 しかし、完全に小池氏の「のらりくらり」「いってないわ」戦術に手玉にとられ、足下を見られ情けない。

 明日も知事会合の後に記者会見を開き、その後本格化する候補者選びを小出しにして、毎日のようにメディアジャックを目論む小池百合子氏。それはAとBという、リベラルと保守のそれぞれを擁立し、両者の反応を見てからCさんを選ぶかどうか決めるという、無料の世論調査を可能とする狡猾な戦術。に、まんまとどっぷりはまっているマスコミを批判していきます。つまり希望の党の選挙に「協力」しているということです。

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA