曽野綾子氏の連載コラムを「人種差別」と批判する人の正体

 つくづく「左翼」って嫌な感じ、と確認したのが昨日の産経新聞 曽野綾子氏の連載コラム「透明な歳月の光」への批判。南アフリカにかつてあった黒人差別のための人種隔離政策「アパルトヘイト」であると断罪します。

 コラムの結びにある曽野綾子氏の持論を捕まえてのことですが、それはこうです。

“人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住区だけは別にした方がいい”

 居住区を捉えて「人種隔離」であり「人種差別」となじるのは、なじる人間の内面世界の告白です。つまり、断罪するものは、人種差別的発想を持っているのでしょう。

 南アのヨハネスブルグでの実例として、白人だけが住んでいたマンションに、人種差別廃止以降は黒人世帯も入居するようになり、大家族主義の彼らは20〜30人で1区画を利用します。生活に使用する水の量は人口に比例し、マンションの水道管の太さは限られ、安定して水が出ないマンションになったことで、白人世帯がでていったという実例を紹介し、先の結びへとつなげます。

 コラムを通読し、最後に登場した居住区に、私は「コミュニティ」とルビを振りました。生活文化の違い、そこには宗教まで含まれ、これを乗り越えるのは相当な困難で、ともすれば感情の軋轢を生みます。

 だからと民族対立を煽っているのではありません「何もかも一緒にやれる」とあるのですから。

 南ア+居住区=人種隔離政策

 という短絡的な発想で、というより、現代の、多分日本も所属する先進国社会の常識に照らせば、黒人居住区を作ったとして、そこを不便にすることなどできはしません。大家族主義向きに設計された居住区と、核家族向けの居住区に「区分」されるだけのことでしょう。UR(いわゆる公団)における「単身世帯向け住居」と「家族向け住居」の違いのようなものです。

 曽野綾子氏は、人種民族毎に指定した居住区以外に住んではならない、とまでは言っていません。むろん、黒人の全てが大家族主義だと決めつけているのでもなく、あくまで一般論として、しかし、人間が生きる現実に向き合ったとき、越えがたい一線があり、つまりは「嫁姑問題」と同じで、憎しみあうぐらいなら「別居」が最適解のひとつだという提言に過ぎません。

 どうしても黒人が苦手、中国人と接したくない、中東の人はちょっと・・・と思う日本人だっています。苦手や嫌いも思想信条の自由であるべきです。もちろん、その気持ちを黒人や中国人にわざわざ伝える必要はありませんが、仲良くすべきとは思いながらも、仲良くすることの強制は、強制される側の人権を蹂躙しているのです。

 むしろ、生活文化の違いを無視した「平等論」こそ、真の意味での「人権」を侵害しています。なぜか? 

“歴史、文化、宗教といったすべての価値観が違う人種、民族も等しく、同じライフスタイルを目指さなければならない”

 ということに繋がるからです。「居住区」という独自性を許さないことは、多様性の否定へも繋がります。それを全体主義と呼び、すなわち社会主義や共産主義の発想です。曽野綾子氏のコラムに「人種差別」とレッテルを貼る人に、左傾化している人が多いのは偶然ではありません。

 ちなみに我が屋の近所には、中国人が多く、太極拳を練習する白人もいて、鋳物工場で働く黒人もいれば、既に生活基盤を日本に持つアラブ系に、孫を抱いているフィリピン人も多く、何人だからと気にしてなどいられず、なんとくそれなりに仲良く暮らしているように感じております。

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

“曽野綾子氏の連載コラムを「人種差別」と批判する人の正体” への5件の返信

  1.  初めまして。コラムニストであり漫画原作者でもあられるとのこと。ほぼ同業ですね。よろしくお願い致します。ツイッター経由で参りました。よって寝惚けたようなタイミングでの反応となります。
     冒頭、宮脇さんは曽野氏への批判者は左翼と決め付けておられますが、それは曽野氏が右翼であるとの前提からでしょうか?
     僕は右翼でも左翼でもありません。大学で国際経済を学んだ者です。その立場から、人種を肌の色で三分割なさった曽野氏は、差別者であるとの印象を受けました。コラム前段を踏まえると、お住まいになっている田園調布に「出稼ぎに来るような貧しい民族は入ってこないでね」というふうにしか読めなかったのですが。
     曽野氏の根本的な勘違いは、「彼らは全員、いつか母国に帰る」と思われていることかと愚考します。母国では思うような仕事が得られないから日本に来られるのであって、仕事のために海外に永住する日本人も少なくありませんよね?
     もし宮脇さんが仕事のために他国で永住権を取得され、肌の色から住居を「アジア人居住区」に限定されたなら(幼稚園や小学校などの施設もとうぜんその区内となります)、差別だとお感じになると思うのですが、そういう想像は左翼的でしょうか?
     ともあれ「肌の色で分割」が曽野氏の提言です。そして彼女自身の意識は「ローマ法皇庁から受勲している自分は名誉白人」ではなかろうかと……僕は同コラムをそう読みました。
     長々と失礼致しました。

    1. ご丁寧なご挨拶いたみいります。
      「左翼」とは相手の発言を自己の解釈のみでしか理解せず、さらに「レッテル」を貼り拡散させていく、彼らのやり方を踏襲した、イヤミの一種です。ちなみにこのブログにより、「ネトウヨ」や「右翼」と私にレッテルを貼っている人らがいるのも同じです。

      津原先生と私の解釈はまったく異なります。曽野綾子氏のコラム主旨については、今週の「週刊文春」にあるので、私が解釈するのは僭越と控えます。そしてこれが解釈の違いですが、曽野氏は「移民」と「出稼ぎ」を分けております。だから不法滞在についても指摘しています。だから、津原先生が憤る「居住区」は、そもそも成り立たない仮定と考えます。また、「居住区」について、幼稚園や小学校などと津原先生は指摘しますが、それは曽野氏のコラムにないあなたの想像です。

      先週のブログでも書きましたが、「移民」に関する議論は待ったなしながら、現実を踏まえた話しは少なく、皆で努力すれば仲良く暮らせるは嘘ではありませんが、努力を最小化するためには、リアリティが優先されなければならない、とわたしは考えます。そこでの提言の一つと私は受けとりました。

      また「肌の色」というより「ライフスタイル」での区別を彼女は指摘していた、というのが私の解釈です。

      一つの文章に多様な解釈がある。津原先生と同列に語る不遜をお許し願えるなら、これは物書きなら当然の理解でしょう。そして意見の交換も大切なことと考えます。ご意見、ありがとうございました。

    1.  津原先生のご意見、拝読しました。

       曽野綾子さんの生育歴に基づいた見解に同意するものではありませんが、なるほどそういう見方もあるのだなという発見はありました。荻上チキ氏については、その発言の背景も状況も分かりませんが、偶然見かける彼の発言の数々にかかるバイアスから、論拠としては賛同できません。また「黒人は●●」とは、確かに雑な主張ですが、「日本人は●●」と同じで、もっといえば「足立区は●●」とは現在進行形の差別(笑)です。佐野眞一氏のルポにより傷つけられた足立区のイメージは計り知れませんがこれは余談。

       そしてこちらのブログで書いたように、移民や労働力としての外国人の招聘を考えるのなら、論点の一つになる、というのが私の考えで、レッテルを貼ることで思考停止してはいけないと考えます。

       だから津原先生の視点も大切と考えますし、なんら私の名誉を毀損するものではありません。そしてニコルさんへの原稿と、曽野コラムとを比較したときの津原先生のご心情に頷きながらも、あくまで欧米と比較したときの「人種差別」が無かった国と、あった国での「違い」は正面から受け止めなければ、やはり移民や外国人労働者どころか、真の意味での「クールジャパン」の発信も難しいという考えを強くしました。

  2.  荻上氏がなにか発言したというのではなく、氏のインタビューに於いて曽野氏が「黒人は大家族主義なの」と繰り返されたに過ぎないので、その点は誤解なきようお願い致します。ちなみに今回の「事件」以前、僕は荻上氏のお名前すら存じませんでした。曽野氏のコラムに愕然とし、その真意を知りたく情報収集をし、インターネットラジオを聴取したに過ぎません。

     レッテル貼り(ラベリング)による思考停止はいかんというお説には同意します。「曽野さんはもともとああいう人だから」といった論に乗っかる気はありません。
     僕も人間ですから嫌味も云えば皮肉も書きますが、舌禍には謝罪をもって対応する、こうべを垂れることを厭わぬ覚悟で、物書きを続けております。国際的著名人である曽野氏にこそ、そうあっていただきたかったとという感情が、国際的批判に繋がっているのではないかと愚考します。

     2020年東京オリンピックを睨んだ「外国人研修・実習制度」の五倍拡大計画が、すでに政権によって公表されており、この「現代の奴隷制度」を想起し、怒りにかられたコラム読者も少なくなかったはずです。ご多忙とはお察ししますが、ぜひ実態をお調べください。
     長々と、貴重なお時間を賜りました。深謝します。津原拝

津原泰水/小説家 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください