すっかり左に触れていた「週刊文春」が、その左の雄、・・・続きを読む