米山隆一新潟県知事の「女性醜聞」がメディアの死期を早めるか

米山隆一新潟県知事の「女性醜聞」がメディアの死期を早めるか

 新潟県の米山隆一知事が辞意を固めた、と昨夜(2018年4月16日)からタイムラインを賑わせました。ツイッターではパヨチン知事として名を馳せ、松井一郎大阪府知事とのバトルのほか、有本香氏や石平氏にからみつくなど、香ばしい人物として知られていました。

 もともと原発再稼働推進していたのに、とつぜん脱原発に舵を切り、そちら側からの支持を得る。そもそも、所属政党もころころ変わる「政治家になりたいだけの人」って評価もさもありなん。

 で、この人物が「辞意」というからさぁ大変。週刊文春に「女性問題」をスクープされるとのことで、後援会と相談して決断。

 フジテレビ「とくダネ!」によると、出会い系を利用して「若い女性」と援助交際。さらにネットでは著述家の菅野完氏が「児童買春」と推測。

 たしかにいきなり辞意となれば、この可能性も高い。というのは、仮に若い女性が、未成年でなければ、出会い系による出会いは「貧困調査」という説明が成り立つことはビーチ前川こと、前川喜平前文科次官が体現していること。

 もちろん、この説明を信じるのはパヨチンぐらいながらも、それでもマスコミは必死に擁護する。ならば、安倍政権批判では平仄を揃える米山隆一知事も、その路線で逃げ切れる・・・仮にそう考えたのなら腹立たしい限りながら、それがいま、我が国で起こっている現実。

 ところが、すぐに「辞意」とは、やはり児童買春レベル・・・か、と思いきや、2018年4月17日の午後1時に記者会見を開き「辞めるかどうかはもう少し考えたい」と。

 この時間はといえば「週刊文春」の校了時間。以前の文春は、この時間は週刊新潮の「中吊り広告」をみてから「追加取材」をかけていたといわれますが、通常の週刊誌の進行からのタイムリミット。

 そしてここまでで「続報」がないので、もしかしたら、決定的なアウトの証拠は握られていない、と踏んでの「延命宣言」ではないか。もちろん、状況証拠のみながら、2018年4月16日の発表は、週刊文春が「裏とり」として「本人直撃」をしたのでしょう。

 あまりに早い「本人直撃」は、ライバル誌(新潮)に動きが悟られることもあるので、文春は絶対の自信を持っているか、スケジュールの都合かはわかりませんが、新潮が第2弾を用意している福田淳一事務次官にぶつけていることだけは明らか。

 米山隆一知事の記者会見からは

・未成年ではない
・同時に複数の女性との交際はない
・金銭授受は次の記者会見でと回答拒否

 で、違法性、脱法性が疑われるということは、やはり「貧困調査」。

 これならば仮に形式上の売買春であっても、自由恋愛の果てに「お小遣い」を支払っただけ、軽率だったけど知事を辞めるほどではない、と、パヨチンメディアが擁護する可能性も残されるのは、もうすでにTBS「Nスタ」では

「原発再稼働反対の知事」

 と、予防線を張っているから。

 ま、いずれにせよ、文春の記事次第ではありますが、脱原発のみをもって擁護するならメディアの信用は、またひとつ確実に失われる、というのは同日発売の「新潮」に明らかになるはずの、福田財務次官の「セクハラ」と、視聴者や読者は必ず重ねてしまうから。

 で、売春はOKだけど、セクハラはアウト。と、すんなり腑に落ちる、とりわけ「テレビ視聴者」は少ないでしょう。

 反対に売買春を糾弾し、米山隆一知事が、初志を貫徹して、県政を離れるなら、それはそれで面白いニュース。

 また、ひとつ、既存メディアの「死期」が短くなりそうで楽しみです。

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA