月刊正論2017年6月号「ネットバスターズ」

月刊正論2017年6月号「ネットバスターズ」

 連休中、親戚や級友との飲みの席での「床屋政談」を繰り広げる予定があるなら、宮脇睦先生の玉稿は必見。たった4頁で、知ったかぶりできます! と自画自賛。すいません。

 今月の「ネットバスターズ」は『リベラルは「言論弾圧」がお好き?』

 ネタが尽きたと思ったら、籠池泰典氏が記者会見し、スカスカの中身ながら「疑惑」と囃し立てるマスゴミ・・もといマスコミ。

 大阪府との面接で、一方的な主張を繰り返す妻の籠池諄子氏の態度を見れば、まともに取りあげる必要があるかないかは一目瞭然ながら、それでも「打倒 安倍政権」に燃えるマスコミは、可能な限り好意的に取りあげようとして、それこそが「忖度」だとの自省はありません。

 それは「辻元疑惑」にも発揮されます。森友学園の土地取引を巡り、民進党の辻元清美議員の「関与」が、先の籠池諄子氏のメールから暴露されているのですが、全否定の上、報道規制を要請。産経新聞以外のマスコミはこれを「忖度」します。

 土地取引を巡る「疑惑」については、徹底的に解明すべきですが、騒動の発端が「思想弾圧」であることに触れないのは「忖度」なのか、あるいはいつもの「報道しない自由」なのか。

月刊正論2017年6月号「激論! 教育勅語 共謀罪 9条」
https://goo.gl/77RJmu

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA