ンスターマザー―長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い

 戦慄のルポルタージュ。仕事をひとつ、すっ飛ばして(後にフォロー)一気に読了しました。

 実際の高校でおきた

「部活内のイジメによる自殺」

 という報道先行の事件の真実に迫ったものです。

「加害者」とされた部活の先輩、指導者、担任教師、その周辺人物を丹念に取材し、事実を炙り出していきます。

 ただし「被害者」の側のコメントは不十分。なぜなら、なくなった本人はともかく、その母親や、その親、つまりは祖母や親族が取材に応じないからです。

 悲劇の身内が語りたくないという気持はわかりますが、著者の感覚としては「関わりたくない」というもの。

 一方で自殺した生徒の母親は、加害者とされる先輩や担任、校長を相手取って損害賠償請求を起こします。

 いまも現役教諭である恩師は、いまはすぐに裁判を起こそうとする親が多く、訴訟リスクを考えれば、教師なんてやってられない、事なかれ主義になるのは当然だと吐き捨てます。

 しかも「イジメ自殺」は、毎日新聞の記者によるスクープの色彩が濃く、ところがこの記者はその後、口を閉ざし、追撃するかのように「週刊金曜日」にルポを寄稿した鎌田慧氏は、著者の取材に答えようとしません。

 イジメとの発信に、長野県議が絡み、人権派弁護士が参戦し法廷闘争に発展し、追い詰められた学校と保護者は反撃にでます。

 裁判結果という公知の事実なので結論を述べれば、学校・保護者側の全面勝訴といって良い内容。

 あまりにもな被害者母のモンスターマザーぶりによります。

 学校が巻き込まれた悲劇といっても良いのですが、なにより戦慄するのは、モンスターマザーはあなたの隣にいるかもしれない、という事実です。

 パヨ界隈の騒動にどこか重なります。

モンスターマザー―長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
http://www.as-mode.com/check.cgi?Code=4103036737

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA