宇野常寛というパー

すっかり日テレの「スッキリ!」を見なくなったのはテリー伊藤が降板してから。テリー伊藤を支持していたわけではなく、彼の降板移行、コメンテーターと名乗るひな壇芸人がやたらと増え、目障り耳障りになったからで、さらにそこに宇野常寛というパーを発見したから。彼のニコ動における突っ込み待ちの素っ頓狂なコメントは、公共の電波に乗せるべきではないと考えますが、ナインティナイン岡村が言うところに「見たくなければ見なければ良い」に従い、スッキリは見なくなったのです。

なお、本稿で芸人、タレントは呼び捨て、作家やジャーナリストなどは氏をつけております。両者の区分は「名前」が商品の芸人に氏をつける必要はないと。よって宇野常寛は芸人枠に位置づけています。

伊勢志摩サミットがまもなくというタイミング、生中継はないかとザッピングしていて久方ぶりの「スッキリ!」にチャンネルを合わせると宇野常寛を発見。新年度も残留していることに驚きながらも、少しは成長したのかと思えば劣化していました。

就活におけるエントリーシートは手書きか否かを、MCやひな壇芸人で議論するコーナーで宇野は否定派のようで、うろ覚えながら以下のように発言。

「手書きを喜びそうな人が体制側にいて、そこに気に入られるためとかくだらなく、同じようなことをホリエモンがネットでいって炎上していて、本当にパー」

 宇野常寛にとってのアイドルがゼンカモンならぬホリエモンなんでしょうね。元犯罪者や元薬物患者から、現役薬物患者まで幅広く受け入れる「芸能界」で珍重される堀江貴文を引用して、それを正論とほざく宇野がパー。というか、この論理性の無さ、というより語彙の貧困。

 たぶん、喧嘩をしたこともなければ・・・というよりいじめられっ子だったのかもしれません。なぜかといえば、暴言が幼稚だから。口喧嘩すら許されないいじめられっ子、あるいはイジメの対象にすらならないほど、クラスにおける「イケてない」=目立たない・相手にされてもいない属性で育ったので、公共の電波で「パー」。幼稚園児未満なので、本日より宇野常寛をパー認定してスッキリ。

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA