マンガ「Web担当者 三ノ宮純二」第11話:そして誰もいなくなった

自分の部署のWebの売上がゼロになった経験をきっかけに、数字の
重要さを痛感した三ノ宮。社内や取引先に対して厳しい数的ノルマを
課すようになったが、非情な数字至上主義に対しては社内から
「鈴木2号」という声も聞こえ始めてきていた。(あらすじより)

いよいよクライマックスです。Webとは何か。
現場のリアルを届けるのもあと1回。

◆マンガ「Web担当者 三ノ宮純二」第11話:そして誰もいなくなった
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/09/30/6379

ブログ村に参加してみました。宜しければ右バナーをクリックしてください→ にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA